1. TOP
  2. お客様の声
  3. お客様インタビュー01

お客様の声

いつまでも、好きな仕事や趣味に不安なく打ち込むための不動産投資。

初めて不動産投資をするなら
人が多い東京がいいと思っていたところでした。

不動産投資というのはまったく未知の世界でした。ですが5年位前にTVやインターネットで不動産投資というものを見たときに、興味を持ちはじめました。僕はマネキンメーカーに勤める傍ら、プロダイバーとして水中写真のインストラクターをしたり、趣味のゴルフも本業の仕事と結びつけたりと、仕事と趣味の境目がなく、興味を持ったものを深めていくところがありまして。不動産投資についてもかなり勉強をしました。僕は札幌が地元なのですが、その頃東京に転勤することになりました。不動産投資への興味と東京に出るタイミングが上手く一致したんです。ちょうど、初めて不動産投資をするなら人が多い東京がいいと思っていたところでしたから。
転勤後にまず物件を1件購入しました。その後もう1件購入したくなったときに、インターネットで知ったのがパートナーズさんです。僕は何事も直感で動く方で、会社の名前なども気にするのですが、“パートナーズ”って社名が何か気持ちいいなと思って連絡したんです。そこで出会ったのが、櫻井さんでした。

櫻井さんから紹介された1物件目で決めました。

最初にお話ししたときに、櫻井さんから聞かれたんです。「どういう風に考えて、不動産を購入するのですか?」って。不動産投資にはあまり多くを求めていなかったので、「その建物が朽ち果てるまで持ち続けるつもりで」とお答えしました。あまり貪欲になって、ゆとりのない生活にならないようにというのが目標でしたから。そうしたら櫻井さんは「いいお考えですね」と言ってくださって。売ったり買ったりを繰り返すということではなく、超長期保有を薦めているパートナーズさんの考え方と同じだったんです。私はギャンブルには全く興味がないので、不動産投資をするなら中古物件をと考えていました。自分の給料や将来の退職金などを考えて、中古の金額であれば決してギャンブル的なものではなく、自分がコントロールできる手堅い投資だと考えていたので。
不動産投資をはじめて変わったことは、お金の使い方ですね。僕は独身ということもあって、欲しいものはすぐに買ってしまっていたのですが、不動産を購入してから、さらに将来への投資が重要だと思うようになりましたね。
物件は1件目で決めました。僕はいくら駅から近い物件でも、建物の前が雑然としているような場所は嫌なんです。自分が住むわけではないのですが、窓を開けたときに気持ちいいと感じられる物件を選びたいと思っていました。そんな話を櫻井さんにさせていただいた後、最初に紹介された物件に決めました。周りの環境が良かったんです。櫻井さんと一緒に現地に行き、彼の誠実な対応に惹かれ、この人から買おうと決めました。
僕が思う不動産投資のポイントは2つあって、まずは取り引きする人を見る、ということですね。やっぱり長く付き合うことになりますから。話すことに嘘がない、正直で一生懸命だと感じられる櫻井さんは、僕の直感にビビッと来る営業マンでしたね。今も一緒に食事に行ったり、彼の人生相談を聞きながらお酒を飲んだりしています(笑)。もう1つは、大儲けではなく、定年後の生活を不安なく送れるようにするための将来設計として捉えること。好きな仕事や趣味を存分に楽しみ続けたいですから。

櫻井大衞

不動産のプロとして。
お客様の一生に寄り添う、
パートナーに。

コンサルタント

アセットマネジメント事業部 投資一部 マネージャー
櫻井大衞

資格:不動産コンサルティングマスター / 宅地建物取引士 / 相続診断士

「櫻井さんは話すことに嘘がない、君から買うよ」と尊敬するお客様に言っていただける。こんな嬉しいことはありません。「嘘がないと言っていただけるのはなぜか?」と考えると、やはり弊社の物件の質に絶対の自信があるからでしょうか。「良い物件をきちんとご紹介する」「ご納得いただけたらずっとサポートする」そんなシンプルなスタイルだから、いわゆる「頑張って契約するぞ!」というイメージの不動産営業に比べ、“正直さ”を感じていただけるのかもしれません。加えて、私にはこれまで、契約管理本部で何百件もの物件売買の契約を扱ってきた実績があります。お客様の疑問には、不動産のプロとしてなんでもご説明できる。不動産投資で何か疑問がありましたら、ぜひお声がけください。売るだけではなくて、その先もずっとご一緒したいから。どんな小さな疑問にも、丁寧に、誠実に、答えさせていただきます!

CONTACT
お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら(フリーコール)
0800-100-70230800-100-7023
(10:00~21:00)